カテゴリ:WOOL COFFEE( 34 )
ウールコーヒー、無事に閉店しました
ウールコーヒーの最終日も無事に終わり、
壁面の屋号を白いペンキで消し、
黒のボードをはずし、ビス穴を埋めて、
備品などを関係各所へ返却して・・・

なんだかあっという間に閉店完了してしまいました。
後は家主さんへ鍵を返却するのみです。

e0029155_16381114.jpg
[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-04-28 16:38 | WOOL COFFEE
神戸新聞に掲載いただきました
和田岬ウールコーヒーを掲載していただきました。
楽しい取材でした。

神戸新聞nexthttp://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201404/0006884830.shtml
[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-04-24 11:22 | WOOL COFFEE
マフィンかわらず焼いてます。
e0029155_14325648.jpg
最近は来てくださる方が増えております。ありがたいことです。
今日はワンちゃんも。

マフィンは続けて焼いております。
そしてほぼ毎日売り切れるようになりました。
マフィンに使う全ての材料が未熟なウエダを応援してくれてる気がします。
もう少し焼く数を増やそうとは思うのですが、それにはオーブンを新しくするか・・・何度も焼くか・・・ううう・・・。
ラララ~♪
[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-04-04 14:38 | WOOL COFFEE
ウールコーヒー木曜日臨時休業
明日の木曜日はウールコーヒー臨時休業させていただきます。
すいません。

さいきんマフィンを複数購入してくださる人が多くなってきました。
きっと職場や家庭で何人かで召し上がってくださっているのでしょうね。

嬉しいです。
そして、がっかりさせてはならないと、マフィン作りの緊張がますます高まります。
実は毎回ドキドキしながら焼いてます。

ちなみに木曜日、スジャータは通常通りに営業してます。
[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-03-26 10:19 | WOOL COFFEE
まいにちマフィン〇5歳の女の子がつくった歌を聞きました
e0029155_10125483.jpg

今日は朝からホロリとする一日です。
そして太陽がまぶしかったです。

幼稚園の5歳の女の子が作った歌をご紹介します。



::::::::::::::::::::::::::::::::::

きのうとちがうー
あさひがのぼるーー

ぼくらのゆめをー
なくしちゃいけないーー

ぼくらにあさがー
おとずれるからーー

きのうとちがうー
あさひがのぼるーー

:::::::::::::::::::::::::::::::::::


ウールコーヒーのことを歌ったかのような、
そんな気がしてしまって、胸に、目に、沁みます。

そして今日もまた僕はマフィンを焼きます。
e0029155_10124470.jpg

[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-03-11 10:21 | WOOL COFFEE
まいにちマフィン〇ココア生地、期待しすぎと期待されなさすぎの二人
e0029155_936665.jpg

今日は強風のため、黒板やらチラシやら、ポップ立てなどが
どんどん飛ばされて、追いかけて、ちょっと楽しい光景でした。
台風の日にワクワクしてしまう子ども心のようなものでしょうか。

台風がワクワクする、そんなことを言おうものなら、
どこから非難の声が飛んでくるかもしれませんが、
そのような種類の僕はこう考えてるけど言えないよね、ってあります。
しかし誰からも非難されないような言葉ばかり選んで話さないといけないとしたら、
その会話に中身というか、人はその言葉の中に存在できないのじゃないか。

最近あったことで言うと、
自分が実際に思っているが、一般には誤解され非難されそうな考えを、
括弧にくくらずにどんどん話せる間柄だと思っていて、
しかし、そう思っているのは自分だけであって、相手はそのようには思っていなかった場合、
これはもう悲しい喜劇のようです。
お互いの関係性、信頼度のバランスが偏っていたということなのでしょう。
片方が信頼しすぎて、いや信頼と呼ぶより期待と呼んだほうがいいでしょう。
その期待している以上に、相手は自分には期待していなかったゆえの悲しい喜劇。

口は災いの元、ということをたびたび思うのですが、実際にその通りだな、と。
災いの元のひとつだな、と。
そこから一歩進めて考えると、災いの元は口より以前に、
上記の悲しい喜劇を生み出した「期待しすぎ」と「期待されなさすぎ」という組み合わせが
災いの温床なのではないでしょうか。
相手の感情や環境はまあ、気にしてもどうにかできないのでちょっと考えないでおいて、
自分が出来る心構えだけ考えてみると、
「期待しすぎ」たのは自分の足元が不安などで揺れしまっていて、
その揺れた心で見えるものは、もうはっきりとは見えないから期待にすがるので、
もうひとつの「期待されなさすぎ」たということですが、
これは自分が思っている以上には期待されてなかったというとだから
これはもうおめでたい自分の感性におめでとう、と思うしか他にはないのでしょう。
皮肉ではなく、自分が自分に高い期待をしているのは良いと思います。
ニヒルの逆でしょうか。
人には期待しないけど自分には期待している人、
そんな人がいたら、それは他人から見たらニヒルと見えるかもしれません。
ななめに構えているわけではなくて、ナルシストでもなくて、
なんと言うか、心が打たれ弱いから思考で防御を固めてるというのが
一番近い説明かもしれません。

書くうちに長くなってしまいましたが、
喜ばれると喜ぶし、感謝されるとその気持ちにこちらが感謝したくなります。
自然と。
そう、だから逆ももちろん、悲しませると悲しい。
e0029155_9362891.jpg

[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-03-10 10:23 | WOOL COFFEE
まいにちマフィン〇ブルーベリー続く、そして「らしさ」について
「それからはマフィンのことばかり考えて暮らした」・・・といえなくもないこの頃です。e0029155_1017126.jpg
e0029155_102552100.jpg
マフィンはきのこ形になってこそ愛らしい、と思います。
これまで9個焼いていた分量のままで、8個焼くことにしました。
1個の型に入れる材料がその分多くなり、
あふれ出る分がキノコのようになってくれてます。
これでこそマフィンだな~、とひとり喜んでいます。
販売価格は同じ150円のままです。
まったく原価計算などせずまま、つくり続けているのですが、
こういうのは考えなければいけない事がひとつ減って脳には良いように思います。

それはさておき、キノコスタイルになって嬉しいのは、マフィンがマフィンらしいからですが、
この「らしい」「らしさ」というのが、最近とても大切に思えます。
例えば、子どもは子どもらしいのを大事に思います。
背伸びして大人っぽくするのを見るよりも、まさに子どもだな~、という部分に
見ていて喜びを感じます。大人に気づかったりせずに伸び伸びと子どもらしいのに。
高校生のカップルが自転車二人乗りしていて楽しそうにキャキャ、と笑っているのに、
笑顔になります。同じそのふたりが高級車から出てきたり、ホテルのバーにいたりしたら、
そんなのはなんだか嫌なものです。

当人は背伸びしたくなるのでしょうが、大人から見るとそれはイビツな感じで、
せっかくの今というものを生きていない気がして悲しい気分になります。
「今」その年齢や環境にちょうどぴったりと生きている姿が美しいように思います。
これは、その貴重な「今」をいくつか通り過ぎてしまい、
もう戻れないのに気がついてしまったのでそう思うのでしょうね。

グラスや陶器はいつか割れるから美しいのだと、いつか失われるものだから、
そのいつか失われるというものを中に含んでいるから、
そのものは美しく感じるということがあるでしょうね。
その時、そのもの、らしく生きる、「今らしく生きる」。
そしてその今はもうすぐ失われる。
[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-03-06 10:35 | WOOL COFFEE
まいにちマフィン〇ブルーベリー、そしてカケラに耳を澄ます。
e0029155_1043876.jpg

e0029155_105364.jpg

マフィンを置くお皿を新しくしました。
木のトレイです。
マフィンからポロッとこぼれてトレイにちらばるこそろ(カケラ)がきれいです。
〇我が家では「こそろ」と言ってますが、たぶん方言なんでしょうね。
両親共に徳島出身なので。
こぼれたカケラのことをそう言います。

木のトレイにマフィンのこそろが引き立ちます。
こそろがキレイだと、そのことがマフィンの美味しさを
証明をしているように思ってきましたが、写真から伝わるでしょうか。

マフィンというのはそのマフィンのこぼれたこそろ(カケラ)の集合体であるわけですが、
そのカケラが充分に魅力的ということは、その集合体であるマフィン本体が魅力的だと
言い切るのはもちろん乱暴すぎるというものなのでしょが、
カケラに魅力がないものは、その本体もたいてい魅力的ではなかったとは
言っていいように思えます。
神は細部に宿る、を思い出します。 


あまり知らなかった人のカケラに触れて、そこからその人が気になってしかたない、
ということがこのごろ多いです。

自分の意思や意図からはみ出した、気に留めてない周辺部分にこそ、
そのひとの面白い部分(個性)があるように思うのですがいかがでしょう。

はたして自分はどんなカケラをこぼし、人目にさらしているのか。
今どうなのかわかることはできないし、わからなくていいんだと思う。
自分の見ようとするより、人のを見てドキドキしたり、尊敬したり、驚いたりしているほうが
楽しいし、そうしているうちにあっという間に時間は過ぎていくんだでしょうね。
[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-03-04 10:22 | WOOL COFFEE
まいにちマフィン〇ココア生地。相談すると好き度は上がる。
e0029155_1084225.jpg
マフィンは注文いただいてからトースターで3分~4分温めてご提供しています。
「アタタメマスカ」とおたずねしているのが、なんだかコンビニみたいで照れくさいです。
なぜ、コンビニでのやりとりが想起されると照れくささを感じるのか、
そこはひとつの興味深いテーマですが、まあ、それはさておき。

温める準備として、アルミホイルに包まれているマフィンを見ると
これから宇宙へ飛び立つ宇宙飛行士を見送るような気分になります。
昔映画で見た宇宙服っぽいからなのでしょう。
手塩にかけて育てたマフィンがピカピカのアルミをまとって、トースターへ。
これで感動している僕はマフィンを愛し始めているんでしょう。

もともとマフィンに愛情なんてなかった僕ですが、
毎日作り、どうせつくるなら美味しくなって欲しいと
勉強し、手間をかけ、材料を探し、試行錯誤して、
だいたい毎日マフィンのことばかり考えていると、
その結果としてマフィンがすっかり「いとおしく」なりました。
ここで書いている文章もどんどん長くなってしまうくらいマフィンに気持ちがこもってます。
そして食べた人にマフィンを褒められると他のこと以上に、喜んでます。

ここではたと、気づいたのは、愛しているから・好きだからその人のことばかり
考えると思いがちですが、本当の順番はそうではないのでしょう。
その逆なのでしょう。
僕はすっかり勘違いしてこれまでやってきましたが。

その人のことばかり考えているから、その結果として愛おしくなってしまうのだろう、と。
ちょっと気になる人がいるとして、一度誰かに相談でもしてしまうと、
そこから急激に好き度が上がっていくのは良く見られる現象ですが、
それはその相手のことを話せば話すほど、説明すれば説明するほど・・・
まあ、そういうことですね。

手間のかかる子どもほどかわいい、っていうのも、そういうことですね。
[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-03-03 10:16 | WOOL COFFEE
まいにちマフィン〇ブルーベリーとイラスト
e0029155_9565898.jpg
ブルーベリーの美味しさに気づけたので、
今回もブルーベリーにしました。
マフィンづくりにどのくらいの時間がかかっているのか、
今回はかってみました。
キッチンタイマーをセットして、計量から始めると、
オーブンに入れるまでが35分。
オーブンで25分焼いて、向きを変えてさらに5分。
1時間ちょっとでした。
当初よりはずいぶんはやくなったものです。

e0029155_1005487.jpg
毎朝、黒板にマフィンの宣伝を描くのですが、そのイラストが上達してきました。
毎日やる、これは成長させてくれますね。
毎日ってすごい。
[PR]
by zendai-_-ueda | 2014-02-28 10:02 | WOOL COFFEE



上田善大のブログ
by zendai-_-ueda
上田善大です。

☆朝はこちら
ワダミサキ ウールコーヒー
平日の朝のみ 7時~9時 
雨ならお休み
WOOL COFFEE
お店の映像こちらhttp://youtu.be/8pRtd5VK1fU
神戸市兵庫区笠松通5丁目5-10

☆夜はこちら
コーヒーとお酒 Sujahta
店内映像こちらですhttp://sujahta.info/
平日19:00~24:00
土日祝17:00~24:00
お休みは水曜日です。
兵庫県神戸市中央区三宮町
3-6-6
SANNOMIYA366ビル4F
070-5342-7867


☆昼はこちら
フリーランスが遊び心を持って
成長する「ザンス メディアカンパニィ」所属
http://zance.net/

☆ザロケットゴールドスターさんの2コママンガへコメントを書くお手伝いしております。
http://rocket-go.com/





○リンク
北海道のフレンチレストラン モントルグイユさん
http://montorgueil.petit.cc/
検索
その他のジャンル